2017年1月11日

関東の皆さま、本日は「鏡開き」です!

NoA Weddingのホームページをご覧のみなさま、

こんにちは!

本日も読んでいただき、ありがとうございます。

 

2017111日(水)、

本日は関東では「鏡開き」でございます!!

 

そもそも、「鏡開き」をする「鏡餅」とはなんでしょう?

鏡餅

 

 

 

 

 

一連のお正月行事は、新年の神様である「年神様」を家にお迎えし、

おもてなしをし、お見送りするための行事です。

その「鏡餅」は、新年の神様である「年神様」の居場所なのです。

 

年神様は、新しい年の幸福や恵みとともに、私たちに魂を分けてくださると考えられてきました。その魂の象徴が鏡餅です。

 

昔は、年の初めに年神様から新年の魂を分けていただく、つまりは、一年分の力を授かると考えられていたのです。

家にいらした年神様は鏡餅に依りつきます。

この、神様のパワーが宿った鏡餅をさげて食す、これが「鏡開き」です。

 

昔は「二十日正月」といって、「120日」に鏡開きを行う習慣だったそうです。

「松の内」も115日の小正月でしたので、松の内あとの20日だったとのこと。

ですが、徳川3代将軍が420日に亡くなったため、

月命日の「20日」を避け、「11日」とし、合わせて「松の内」も17日までとなったそうです。

関東では、江戸幕府より御触れが出たため、鏡開きは「111日」が習慣になったと言われています。

 

関西には、この風習が広がらず、現在も「115日」が松の内で、鏡開きは115日、もしくは20日のところもあるそうです。

その他にも地域により、異なる日にちのところもあるのだそうです。

 

お供えして、食す。これが一番大切な事なので、

「お雑煮」や「お汁粉」「ぜんざい」などにして美味しくいただきましょう!

 

 

先日の成人式に引続き、日本には昔からの習慣があり、

地域によってさまざまな違いがあって楽しいですね♪

 

 ぜんざいお雑煮

 

 

 

 

NoA Weddingではハワイウェディングはもちろん、

国内のウェディングもご提案しています。

風習や慣習など、理由があっていまだに無くならないものと、

新しい視点やアイディアを融合して、

ふたりにとっても招かれたゲストにとっても、想い出に残る結婚式を提案しています。

是非、NoA Weddingにどんな事でもご相談ください!

 

すべてを一緒に。

common_postThumbDefault

  1. ←前の記事へ
  2. 一覧
  3. 次の記事へ→