2017年4月30日

【 想いを込めたウエディングレイ

こんばんは!NoA Wedding です。

いつもホームページをご覧いただきましてありがとうございます!

リニューアルしたホームページはいかがですか?

今後も挙式レポートなどたくさん発信していきますので、チェックをお願いします!

 

昨日からゴールデンウィークに入り、今日で4月が終わります。

ついこの前、新年度になって桜が・・・と話していたのに本当に早いですね!

5月は日本もハワイもよりよい季節、気候を迎えます。

そんな5月のスタート、明日(ハワイも日付変わって明日!)5/1はハワイの≪レイ・デー≫です。

レイを首にかけた人を街でたくさん見かけることができ、

カピオラニ公園でレイ・コンテスト、ハワイアン演奏、フラダンスや

レイの女王任命式などレイに関する様々なイベントが行われます!

 

ハワイのウエディングでは、レイは欠かせないアイテムの1つ。

新婦はピカケ・レイ(ジャスミンのつぼみでできたもの)を身につけ、

新郎はマイレ・レイ(マイレの葉を使い、輪っかになって形状のもの)を身につけます。

 

170430_2

 

 

 

 

日本のウエディングではクライマックスに新郎新婦から親御様に

花束とブートニアを渡すことが多いですが、

ハワイでは式後にレイを首にかけてあげて一緒に写真撮影という光景をよく目にします。

 

その後のフォトやパーティーではキレイなお花や貝殻でできたフラワー・レイや

シェル・レイを身に着けるのも彩りあざやかで楽しいですね!

 

レイを感謝や敬愛の念を籠めて相手に渡すと相手はマナ(神秘的な力)を得られるといわれ、

自然を崇拝するハワイでは、貝殻、動物の骨、草花や木の実など

自然のもので作られたレイを“お守り”や“魔除け”として身につけてきました。

 

170430_3

 

 

 

 

結婚式でのレイは、花嫁や花婿、両親に対する感謝・敬愛の気持ちを表すものですが、

新しい道を歩みはじめるふたりを守り、マナが宿るように祈る贈り物・・・

という想いが込められているのも素敵ですね!

 

170430_1

 

 

 

 

NoA Weddingでは、ただウエディングアイテムをご紹介するだけでなく、

そのアイテムに込められている想いまで、大事にご提案します。

一緒に想いを込めたウエディングを創りましょう!

  1. ←前の記事へ
  2. 一覧
  3. 次の記事へ→